布マスクするようになってから肌がベタつく

よく「マスクすると肌がかさつく」という事を聞きますが、布マスクはその逆で季節が進めば進むほどベタつくように感じます。http://www.secretgarden-deco.com/

マスクの質にもよりますが、不織布のマスクに関しては肌がかさつき布マスクについては肌がベタつくのかなという感じもします。

不織布のマスクについては肌の水分を吸ってしまっているようにも思えますのでいつも以上に水分補給と油分を保護する必要がありますが、布マスクは水分は吸わない分ベタつくのかなと思います。

布マスクの場合は少し油分を少なめにしてもいいかなと思いますがどうかなと考えています。

いずれにしてもマスクしている時ほどスキンケアは重要になってくるのかなとも思いますし、肌がかさついたりべたついたりするのも それに合わせたスキンケアをしていけばお肌の調子も元に戻るのかなという感じもします。

そして寝る前に必ず洗顔をしてスキンケアをする必要もありますし、メイクをしていれば尚更必要です。

特に在宅勤務でWeb 会議をやっている会社の形であれば、メイクはしていると思いますので寝る前に必ずメイクを落とす習慣をつけておいた方がマスクをしていても肌の調子を保つことができるのではないかと思いますし、いつものスキンケアを続ける事で肌の調子を保つことが出来ます。

通勤&ノー間食ダイエットで6か月で7kg減!

私は150cmで60kgとどちらかといえばポッチャリ体系のママです。

ポッチャリとなったのは2人目の子供を出産してからで

それから何度もサプリやスポーツクラブに通ったりといったダイエットに

挑戦したのですが、長続きせず。。。

ただ「出来ることならポッチャリを脱して、スリムまではいかなくても

きれいなママでいたい」という思いはずっともっていました。

だけどサプリもスポーツクラブもお金がそれなりにかかるのと

長続きしないのは既によく分かっています。

グラマスパッツを辛口評価!

そこで「自分に合った手軽なダイエット」を

考えてみました。

その時にフト通勤をダイエットに利用できないかなと

思いついたのです。

私はパートで働いているのですが、家からパート先まで自転車だと10分弱、

徒歩だと20分ほどなので、毎日徒歩で通勤する事にしました。

そして子供達が寝た後についつい食べてしまっていたスナック菓子や

スイーツなどの間食を思い切って止める事を決心しました。

最初の1か月は1kgくらいしか痩せなかったのですが

3か月後には3kg、6か月後に更に3kg減って

6か月で7kgダイエットできました。

通勤を徒歩にするダイエットを始めてから

歩くのが習慣となったので、

夜に時間がある時や休日にも歩くようになったので

ダイエット効果アップに繋がったんじゃないかと思います。

間食については最初の頃は食べたいなと感じる時も

あったので、5回を3回、3回を1回というように

段階的に「0(ノー間食)」となるようにしたら、

自然と間食をストップできました。

6か月で7kgというペースは1か月約1kgですが

私としては急激に痩せたり、リバウンドを気にする事が

なかったし、無理なくダイエットできたという気持ちが

大きいです。

今は150cm・53kgとなりましたが

もう少しダイエットを続けて

結婚した当時の150cm・45kgに

なれたらいいなと思っています。

蕁麻疹にも注意して

わたしは過去に蕁麻疹で悩みました。当時は深い悩みがあり毎日ストレスを感じていて夜になると首の後ろ側に蕁麻疹が出来ていたのです。カラダも弱っていたのかもしれませんがそれ以上に精神がくたびれていて生きる意欲まで薄れていたのです。

アスハダの効果と私の口コミ!購入して3ヶ月使用した体験談をレビューでお届け!

蕁麻疹は、カラダが疲れていたり寝不足だったりその他にもいろいろな原因があって肌に表れます。自分ではこんなのどうってことないと思っていても、カラダは正直に危機的状況であると肌を通じて知らせてきます。肌というのはすごく賢いというか素晴らしい器官であることに間違いありません。

人間のカラダは不思議の集まり・・・体調は頭痛や体温やお通じなどでだいたい分かるけれどそれでも分からないこともあります。そういう変化を肌は示してくれるので毎日肌の観察をすることは大事ですよ。

わたしの蕁麻疹はおもしろいことにあることに決着をつけたあと数日で完全に出なくなりました。肌の状態肌の話しというとシミやシワの悩みがメインかもしれませんが、なんだかよく分からない吹き出物や虫刺されに似たできものが現れたら注意しましょう。わたしは蕁麻疹の跡が残りませんでしたが、娘は蕁麻疹の跡がなかなか消えず悩んでいます。

無利息カードローンを最大限に活用していく

カードローンやキャッシングを使いますと、返済時に利息が発生し、元金と合算して返済をする必要があります。借入利率が大きく関係してきますので、利用者は常に借入利率を気にしながら、利用する融資サービスを探さなければいけません。

プロミス自動契約機最速ガイド

無利息カードローンは、借入利率が一定期間かかってこない融資サービスであり、近年では大手消費者金融会社を中心に広く提供されています。但し、このサービスの利用条件は初回サービス利用者と限定されている事が多く、既に融資サービスを使っていたり、過去に使った事がある人々は利用対象外となっていますので注意しなければいけません。

無利息カードローンを活用すれば、返済総額を最低限に抑える事ができ、返済がし易くなるのがメリットとなっています。

年齢には勝てない肌の衰え

もともと肌が弱いわけではなく、どちらかといえば色白で肌はキレイだと褒められる方でした。

ズボラな性格のためクレンジングはしっかり行っていたものの、化粧水や乳液などの保湿は怠ることが多く、それでも特に問題はありませんでした。

しかし、30歳になった現在では、

・ストレス

・睡眠不足

・食生活

などの日々の生活が如実に肌にあらわれるようになりました。

まず、保湿をしなければ、とにかく乾燥します。

乾燥により、肌バリアが低下し、水分量の低下した角層が積み重なることによってニキビにも悩まされるようになりました。

顔だけではなく、身体にも変化があり、洋服も肌に直接触れるものは綿素材のものではないと痒くなります。

下着類はすべて化繊のものを避け、綿素材のものに買い替えました。

昔は友達とオールで遊んでそのまま仕事へ行ってもなんともなかったのに、

現在では寝不足の日の朝は顔が疲れ切っており、ほうれい線や肌のくすみが酷いです。

人それぞれ個人差はあると思いますが、30代に突入するとこんなにも肌が衰えてしまうことに愕然とします。

しかし、悲観しても10代、20代の頃のようになるわけではないので、

年齢と共に変化していく自分の肌や身体に向き合っていこうと思います。

ニキビが出来やすい体質

私は子供の頃からニキビが出来やすい体質で、大人になった今でも悩み続けています。

それと同時に増えるニキビ跡と毛穴の開きも大きな悩みで、鏡を見るのも嫌な時期もありました。

人前では「肌が汚い」と思われているんじゃないかと思うとまともに相手の目を見て話すことも出来なくなり、どんどんと自分に自信が無くなる一方です…。最近ではマスクをしている時が一番堂々としていられます。笑

皮膚科にも通い、インターネットでひたすら肌に良い情報や基礎化粧品を調べては試してきましたがどれもそんなに効果は無く結果は同じでした。一つのニキビが治った頃にまた新しいニキビが出現したり、同じ場所に繰り返しニキビが出来たり、常に肌のことで頭を悩ませています。

沢山調べて試した結果、もうこれは遺伝や体質でどうにも出来ない事なのだと諦めモードに入りつつあります。

高いお金をかけて効果がなかった時のダメージが大きいので、今は生活改善をメインに努力しています。質の良い睡眠を取って、バランスの良い食事をして、ストレスをうまく発散する。肌トラブルでの悩みがストレスになって悪循環になりそうなので、出来るだけ考えないようにもしています。

とは言えやはり「肌が綺麗だったらなあ?」とか「何かいい方法はないかなあ?」とふと考えてしまいます。

何か自分に合った改善方があればいいのですが、まだ見つかっていません。

妊娠してから変わってしまった私の肌質

現在30代の主婦です。20代の最後に妊娠をして、30代に入ってから出産を経験しました。

その時に、事前情報として肌トラブルになりやすいとは聞いていたのですが、まさかこんなに肌質が変わるなんて思ってもいませんでした。

一番気になっているのは、お肌のシミです。

両方のほほの一番高いところに、薄くシミが出来てしまいました。産婦人科の先生にも相談したのですが、一般的には妊娠時にシミが出来ることはよくあることのようです。

そしてそのシミは自然と消えていくことが多いとのことでした。

しかしながら子供が2歳を迎えようとしている今になっても、なかなかシミが消えてくれません。

それに加えて、肌質も敏感肌に代わってしまって、あまり刺激の強い化粧品を使うことが出来なくなってしまいました。

そのため、ホワイトニングの化粧品でも使うことが出来るものが限られてきます。

以前愛用していた美白を歌っている化粧品は、刺激が強くて使えなくなってしまいました。

同様の理由で、化粧品も無添加のものに切り替えたのですが、カバー力が薄いとどうしてもシミが目立ってしまいます。

妊娠中から気を付けて、ビタミン剤などを飲んでいたのですが、なかなかよくなりません。

子供が成長するにつれて、公園デビューが始まり、お外での活動も増え、対策をしても防ぎきれない夏の紫外線。

それもあり、シミはどんどん濃くなり、数も増えているような印象を受けます。

現在一番困っていることは、顔のシミでした。

私の肌質、乾燥肌と敏感肌

私のお肌は乾燥肌+敏感肌というなんとも厄介な肌質です

夏は日焼けなどにより、畑という肌の色が脱色、白斑のような状態になります。

冬は眉間の上あたりと下瞼あたりから頬にかけて粉を吹きます。

なので冬はこまめに保湿したり、保湿クリームに保湿オイルを加えるなどをしてお肌をテッカテカの状態にして乾燥を防いでいますが、それは家の中での話で、外でテッカテカだと人目が気になって恥ずかしくてできません。

外出の際は、1時間前に保湿をたっぷりして、出かける頃にはちょうどいい塩梅になるのを待つ、または保湿より人目、保湿クリームを少なめにするなど、私自身のお肌の乾燥対策を妥協せざるを得ません。

また私のお肌は敏感肌で、ファンデーションを塗ろうものなら、一発でニキビができてしまいます。

最近はシミも気になり始めて、日焼け止めを塗っていますが、オーガニックの日焼け止めを使うとお肌が乾燥しがちです。

しかし、日焼けが乾燥肌の原因の一部と聞いてからは、なるべく肌にいい日焼け止めをインターネットや探して美容部員さんから聞くなどをして、対策をしています。

今はファンデーションにSPF50、PA++++などがありますが、ファンデーションを塗ると、どう保湿しても、どうしても私のお肌は粉を吹いてしまいます。最近は、保湿力があり、カバー力が高く、なるべく低刺激で日焼け止め効果のある、そんな無謀な理想のファンデーション探しをしています。

これからも私のお肌への研究は続きそうです。