年齢には勝てない肌の衰え

もともと肌が弱いわけではなく、どちらかといえば色白で肌はキレイだと褒められる方でした。

ズボラな性格のためクレンジングはしっかり行っていたものの、化粧水や乳液などの保湿は怠ることが多く、それでも特に問題はありませんでした。

しかし、30歳になった現在では、

・ストレス

・睡眠不足

・食生活

などの日々の生活が如実に肌にあらわれるようになりました。

まず、保湿をしなければ、とにかく乾燥します。

乾燥により、肌バリアが低下し、水分量の低下した角層が積み重なることによってニキビにも悩まされるようになりました。

顔だけではなく、身体にも変化があり、洋服も肌に直接触れるものは綿素材のものではないと痒くなります。

下着類はすべて化繊のものを避け、綿素材のものに買い替えました。

昔は友達とオールで遊んでそのまま仕事へ行ってもなんともなかったのに、

現在では寝不足の日の朝は顔が疲れ切っており、ほうれい線や肌のくすみが酷いです。

人それぞれ個人差はあると思いますが、30代に突入するとこんなにも肌が衰えてしまうことに愕然とします。

しかし、悲観しても10代、20代の頃のようになるわけではないので、

年齢と共に変化していく自分の肌や身体に向き合っていこうと思います。