年齢と共に変わる髪の悩み

思い返すと、髪の悩みが始まったのは、中学生の頃でした。天然パーマのために、朝のセットが決まらず、本当に嫌でとても悩んでいました。その後は、高校生で縮毛矯正デビューし、大学生でパーマをかけ、、、と、夢の髪の毛ライフを謳歌しているうちに、かなり髪が傷んでしまい、毛先は枝毛だらけで、くしも通りづらい状況になってしまいました。

ノアルフレシャンプーは評判通り?

さらに髪の悩みは重なり、社会人になり、仕事によるストレスにより、頭皮に湿疹ができて、とても痒い毎日を過ごしていました。このままではいけないと思い、ジャンプーについて、インターネットで調べ、色々なものを試した結果、1つの自分に合ったシャンプーを見つけ、使いはじめました。繰り返しカットし、髪の傷みも落ち着き、シャンプーのおかげで頭皮の湿疹も落ち着いてきました。

そして、髪型についても、美容室に通って相談するうちに、縮毛矯正などをかけなくても髪が落ち着くスタイルを見つけ、以来ずっとショートボブで過ごしています。それからは、髪の悩みも無くなり、平穏に過ごしていました。

しかし、20代後半に髪の最大の危機を迎えることになりました。それは妊娠、出産を経験したことです。

妊娠中に、髪が抜け始め、ずっと気になっていたおでこの産毛が無くなって顔がつるんっとしたのを喜んでいたのも束の間、生え際まで髪が抜け始め、頭頂部もとても薄くなってしまいました。そして、2度目の出産を終え、3年が経とうとしています。その間は、育児に必死で、髪のケアまで手が行き届きませんでした。行きつけの美容師さんにも、やっと頭頂部、落ち着いてきましたね、と苦笑いで言われ、希望が見えてきたところです。

これからも髪の悩みは尽きそうにありませんが、その都度、自分にあった解決方法を模索したいと思います。育児も落ち着きだしたので、さらに年齢を重ねた時に後悔しないよう、美しい髪へ一歩でも近づけるような努力を始めたいと思っています。