NO!紫外線!!

40歳になる私は中学の部活がテニス部で、年がら年中肌は焼けていてしまいには髪の毛まで焼けてしまい、表面の髪は金髪になる始末でした。
もちろん日焼け止めは塗っておりましたが、当時の日焼け止めは今のような効果はなく、また汗や皮脂で落ちてしまい、ほぼほぼ意味がなかったです。

http://www.grwyovalas.org/

私の肌は、焼けると赤くなりそのまま皮がむけ黒くなることはなかったはずが、日常的に日焼けしてしまうことで、肌の様子が変わり、日焼けすると赤くなり、その上そのまま黒くなってしまうようになりました。また、その変化は今も変わらずなので、ただただ黒くなりやすくなってしまったのです。
そのため、私が10代から今、そしてこれからも気を付けることとして1点!

とにかく日焼け対策は怠らない!!!
面倒な私はとにかくこれだけを、ずっとずっと気を付けております。
春も夏も秋も冬も、朝も夕方も曇りも台風も、空に太陽がある限り笑

うっかり日焼けは、特に気をつけなくてはならなくて、生活感がでてしまうのと自分が思っている以上に目立ってしまうので、しっかり対策しなくてはなりません。日焼けをしてしまうと、肌ケアも変わってしまい、紫外線を受けた肌のダメージの回復にはとてつもない時間がかかってしまいます。そのため、お肌のケアの前に、土台をなる自分の肌を紫外線からいつ何時からも守って、初めて自分の肌を向き合えると思います。

これからも、日焼け対策を抜かりなく行い、白い肌をキープしていきたいと思います。